2019
12.25

恐れというエネルギーを使え!

BLOG

先日、美容院でいつもの担当さんじゃない方が
濡れた髪を乾かしてくれていて。
少しお話ししてたんです。
たぶん、私とそんなに変わらない年齢ぐらいの女性。

「年末年始、実家とか帰られるんですかー?」

「あ、今年私はバリなんです〜」

「えー海外ですか!怖いー!私行ったことないんですー」

「あらら。それはそれは。行ってみません?笑
めっちゃ楽しいですよ〜」

そうしたら怖い、怖いと
いろんな質問がやってきました。

だって、言葉も通じませんよね。
→うーん、私もろくに喋れないですけどね。
特に問題感じたことはないなあ。

ご飯とか、お腹壊したりしません?
→うーん、特に壊したりしたことはないですよ。

でも口に合わないってこともありますよね?
→そうねえ。まあ、まずい国もあるけれど。
バリはご飯おいしいですよ!

タクシーとか電車とか、地図も読めないと困るじゃないですか?
→うーん、グーグル先生いるしなあ。

知らない人ばっかりで怖いですよね?
→うーん・・・・・・・・・・。

だいたい海外行って何してたらいいんですか?観光?
→えーっと私観光があまり好きではないのでぼーっとしてるなあ。

観光しないでぼーっとしてるなんて
じゃあ家でもいいじゃないですか?
→そ、そうですね。じゃ、家にいたらいいと思いますよ。笑

ですが、彼女の話は続く、続く。

で、もう私はだんだん面倒くさくなってきて
そうですね、日本が一番!とか
お家が一番リラックスできますもんねえ!
とか合わせるのだけれど
彼女の質問攻撃が終わらない。笑

で、ついにもう言っちゃったわけですよ。

 

 

「行きたいんですよね?結局」

 

 

あーー(深い気づきの声色でね)。
そう。そう。・・・・・・・・・そう。
そうなんですかね。。
行ってみたいかも。
いえ、行ってみたいです!
死ぬまでに一度はっ!て思います!!!」

・・・本当に怖くはないんですか?
→しつこいわ。

続く。

 

でもこれね、
怖いってエネルギーだなあとしみじみ思った会話でして。
そんなにそこにエネルギーがあるってことが
自分を突き動かしている”何か”に触れるきっかけになる。

そのことをある人は源と呼ぶし、大いなるものという人もいるし
なんでもいいのだけれど、
私たちを突き動かす命の何か。

怖いに触れに行ってみたらいい。

怖いから逃げるとか
怖いからやり返すのではなくて、
怖いと感じる自分に何があるのかをみてみる。

 

気になるってことは自分を見つめるチャンスなのだ。

 

そして祈りのバリリトリートも
ついに残席1になりました・・・・

ついに1ヶ月後です!
楽しみです〜

 

ゆかちゃんとのリトリートはこちら〜
まだまだ募集中です。

 

エンパシーセッション、たくさんお申し込みしていただいて
順番にやらせていただいています。
ふかーい気づきと発見があって
「スゴカッタ!!!」とたくさんご感想いただいております。

年末年始、自分のこと見つめてみませんか?
こちら

昨日のウルワツからの夕焼け・・・ウツクシイ
来たらいいのに〜
そしてワタクシも載せるかねー